読譜活動 – ZetaSQL – Algebrizer

さて間が空いてしまったが続けます。04:07. ベッドから直行してしまったが、あとで着替えコーヒー休憩が必要。

  • evaluator.h および evaluator_base.h を見ると、評価は PreparedStatement という形で API になっていることがわかる。Execute() というメンバ関数がある。
  • そして internal::Evaluator という非公開クラスに移譲される。
  • このクラスは SQL を Prepare() のち ExecuteAfterPrepare() する。
  • Prepare() は要するに Analyzer すなわち resolved AST を作るんでしょ・・・と思いきや、それに加えて Algebrizer というのがあるな。
  • Algebrizer::AlgebrizeQueryStatementAsRelation() という関数が呼ばれているので見てみるとジャンプ先の algebrizer.cc は突然 5000 具合あってギャーっとなる。関係代数に変換するということなのだろうか・・・。
  • 関数の出力は RelationalOp クラス。これは operator.h に定義されている AlgebraOp のサブクラスで、Yet another tree を構成している。そういえば Duck にも Logical op だの physical op だのがあったね。つまり Algebrizer はいわゆる planner なのだな。
  • で Resolved AST を traverse して Algebra tree に変換していく。たとえば ResolvedTableScan は TableScanOp になる by AlgebrizeTableScan() この辺の方のデザインは duck もだいたい同じで duck と zeta が互いをコピーするのはタイミング的にどう考えても不可能なので、なんか元ネタというか系譜があるな。どこから来たのだろうねこのデザイン/アーキテクチャ。

ここから先は自分の関係代数というかデータベースリテラシ不足で読んでもわからん感。修行して出直す必要がありそう。

肝心の Evaluation はまだ読んでないけど、理解のない状態でこれ以上読み進めても不毛なので Zeta Reading はここまで。

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s